見出し画像

天下人の好物を食卓に。父の「戦国活力めし」

今、社内でちょっとしたブームなのが、今年の国民的ドラマのテーマにもなっている「戦国時代」。
色鮮やかな衣装などが話題になっていますが、気になるのは、「どんな食事をしていたのか?」ということ。
「腹が減っては戦ができぬ!」というフレーズを今でも使いますが、命懸けの戦を行っていた当時の人たちにとって、食事は生き抜くための大事な要素であり、歴史に名を遺した有名武将の中には、食事にとても気を遣っていた人物もいたそうです。

例えば伊達政宗。
有名武将の彼は、自ら料理づくりもしていたと言われており、「毎朝、トイレに数時間こもって、その日の献立を考えていた」なんていうエピソードも残っているんです。今こんなことをしたら、奥さんに怒られてしまいそうですね…(笑)

伊達政宗のお話はこれくらいにしておき、、、
今回は、天下人となった2人の戦国武将の食にまつわるお話と、彼らの好物食材を使った「戦国活力めし」のレシピを紹介します。

■豊臣秀吉×「根菜」

最初にご紹介するのは、天下統一を果たした豊臣秀吉です。
秀吉は農民から天下人へと成り上がった武将としても知られています。
そんな彼が生涯好んで食べていたとされるのが、大根やにんじん、レンコンなどの根菜類です。
農民出身だからこそ、自分のソウルフードとして、畑で育った野菜を愛していたのかもしれませんね。

さらに、根菜を複数使用した料理である福岡県の郷土料理「がめ煮」(筑前煮とも呼ばれる)は、秀吉軍に起源があるともいわれるほど、つながりが深いのです。(諸説あります)

そうなると、本日は「がめ煮」のご紹介です!と言いたいところですが、お子さんには少々渋いメニューかもしれないので、今回は数ある根菜類を代表し、大根と豚バラの料理をご紹介します。
一見地味な根菜も、豚肉と組み合わせれば、ごはんにピッタリな料理に早変わり。
にんにくバター醤油味は、食欲も刺激されて、元気になる一品ですよ。

きっと秀吉もうなる?大根と豚バラのガリバタ醤油炒め

IMG_5957_調整

【材料】(2人前)
大根 1/2本 (500g)
豚バラ薄切り  150g
S&B味付き塩こしょう  適量
小麦粉  大さじ1/2
サラダ油  小さじ1
【A】
S&B本生生にんにく  大さじ1/2
醤油  大さじ1
バター  10g

1.大根は皮をむき、スライサー(なければ包丁)で薄い輪切りにする。

IMG_5941_調整

(スライサーを使えば、簡単に均一な厚みの輪切りができます)
2.豚バラは7cm幅に切り、塩こしょうで下味をつけ、小麦粉を振る。
3.フライパンを熱し、強めの中火で豚バラを炒め、油が出てきたら大根を加えしんなりするまで炒める。
4.【A】を加え、炒め絡める。

■徳川家康×「麦飯」

続いてご紹介するのは、徳川家康と麦飯にまつわるお話です。
秀吉のあと、天下人となり、その後、三百年続いた江戸時代の礎を築きました。

「健康オタク」としても知られており、暴飲暴食をせず、乗馬などの適度な運動も積極的に行っていたそうです。
そのおかげもあってか、当時の平均寿命を大きく上回る70歳過ぎまで生きることができました。

そんな家康の食生活は、粗食が基本。特に麦飯を好み、レンコンと山芋をすったとろろをかけた「とろろ飯」をよく食べていたといわれています。

この麦飯、白米と比べて、食物繊維などが豊富で、しかも低カロリーと、いいことだらけの食材です。それに白米よりもよく噛んで食べる必要があるので、咀嚼力も鍛えられますよ。(この麦飯が家康の長寿に一役買っていたかもしれませんね)

ただ、正直なところ、麦飯が苦手な方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで今回は、家康好物の麦飯を、お子さんでも食べやすいチャーハンに仕上げます。油の少ないちょい辛のおかずラー油を使うことで、簡単に具材感とスパイス感を出せ、食欲が落ちる残暑にピッタリです。

美味しさで“家族統一” ちょい辛!麦飯チャーハン

IMG_5964_調整

【材料】(2人前)
麦ごはん(炊いたもの)  400g
万能ねぎ  5本
卵  2個
S&Bパラパラおかずラー油  大さじ3
S&B味付き塩こしょう  適量
醤油  小さじ1
ごま油  大さじ1/2

1.フライパンにごま油熱し、強めの中火で塩こしょうを加えた溶き卵を流しいれ、炒り玉子を作り、いったん取り出す。
2.1におかずラー油を入れて熱し、香りが出たら温めたご飯を加えしっかり炒め、炒り卵と小口切りにした万能ねぎを加えてさらに炒め、塩こしょうで味を調え、フライパンの周りにしょうゆを回しかけ、全体にからめて火を止める。お好みで白いりごまをかける。


いかがでしたか?
「戦国武将」と聞くと、荒々しいイメージがあるので、「肉ばかりを食べていたのでは…?」と思われていたかもしれません。
しかし、戦国の世を生き抜くための力の源は、栄養満点の野菜や穀物といった大地の恵みでした。
意外と健康志向の食事で、今も昔も、“からだが資本”というのは変わらないということですね。
まだまだ厳しい残暑を乗り切るために戦国武将の「戦国活力めし」を食卓に取り入れてみましょう。

「この麦飯はね、あの徳川家康も大好きだったんだよ」と話せば、「お父さん、そんなこと知っていてすごいね!」なんて言ってもらえて、新しい話題の1つになるのではないでしょうか。

次回も、お父さんにぜひ挑戦していただきたいお手軽かつ、楽しいレシピをご紹介いたします。お楽しみに。

〈知ってる?スパイスとハーブのこと〉
お読みいただきありがとうございました。
「スキ!」をしていただくと、スパイスやハーブの豆知識が表示されるようになりました。気に入っていただけたら、「スキ!」をお願いします。

レシピの料理を作ってみた、これを入れたらおいしかった!というのがありましたら、ぜひコメント欄で教えてくださいね。

◎エスビー食品レシピサイト:

◎エスビー食品公式facebook:
スパイス&ハーブを中心とした各種情報をお届けしています。

◎エスビー食品公式twitter:
レシピ、商品情報、イベント・キャンペーン情報などをつぶやいています。

https://twitter.com/sbfoods_jp

かつては、一握りのこしょうと牛一頭が交換できたほどの貴重品。
22
スパイス&ハーブのエスビー食品が、「無理せず、いっしょに。」をテーマに更新するアカウントです。まずは簡単に作れるアイデアで、たのしく料理に向き合い、負担を減らせるようなレシピ情報を発信します。公式HPはこちら https://www.sbfoods.co.jp/

こちらでもピックアップされています

#今こそ父の味を
#今こそ父の味を
  • 11本

最近料理に挑戦した、挑戦し始めた(せざるを得ない方も…!)お父さんの、「#今こそ父の味を」というアクションを応援するレシピやノウハウをお伝えしていきます

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。