見出し画像

本気の餃子 失敗しない基本の餃子づくり

今日ご紹介するレシピは、基本を知れば失敗なしの「餃子」です。外出自粛中、自宅で料理をする機会が増え、いつもより手の込んだメニューに挑戦してみたい、または実際につくってみた! という方も多いのではないでしょうか。

じっくりと腰を据えて料理に取り組み、おいしく味わう。そんな充実したおうち時間を過ごすお手伝いができればと、私たちは考えています。

餃子は、とても身近なメニューでありながら、具材の違いや食感へのこだわり、焼き加減のコツなど、こだわりポイントがたくさん。極めれば極めるほどに奥深いメニューといえるでしょう。
その調理工程や具材の違いを一つひとつ丁寧に紐解くことで、こだわりの「MY餃子」を追求してみてはいかがでしょうか。


■まずは基本の餃子づくりをマスター
今回はにんにくの香りが食欲をそそる、定番の餃子レシピをご紹介します。

おろしにんにくで! 基本の餃子

【1】にらと白菜をみじん切りにします。

画像1


【2】ボウルにひき肉、切ったにらと白菜を入れて混ぜ、おろしにんにく、おろししょうが、ごま油などを加えてさらに混ぜます。餡が完成したら餃子の皮に包みます。

画像2


【3】フライパンにサラダ油を入れて火にかけ、包んだ餃子を並べます。底面に程よい焼き色がついたら下1/3までの水を餃子の上からかけ、ふたをします。強火から中火よりやや弱いくらいの火加減で2分ほど蒸し焼きにします。

画像3

画像5


【4】ふたをとり、余分な水を強火で飛ばします。水けが飛んで周囲がパリッとしたら完成です。

画像4


▼大成功のコツ▼

・焼くときに水が多い場合は、ふたをずらして水を捨て、水分を飛ばしましょう。
・最後に焼きつけるときにサラダ油を小さじ2程度周囲から回し入れて焼くと、さらにパリッと仕上がります。

▼詳しいレシピはこちら▼


町の名店に学ぶおいしさの秘訣

基本の餃子のつくり方をマスターしたところで、町の餃子の名店のこだわりをのぞいてみましょう。東京・飯田橋の名店「おけ以」では、どのようなつくり方をしているのでしょうか

1954年に創業した「おけ以」は、東京を代表する餃子の老舗です。おいしさの秘密は、創業以来守り続けている秘伝のレシピ。餡も皮もすべて手づくりする餃子は、外はパリッと香ばしく、中はとてもジューシー。地元をはじめ多くのファンに愛されている名店です。

こだわりの一つが混ぜ方です。ひき肉は握るようにせず、手の指の外側を押しつけるようにして均等に混ぜます。野菜を加えてからは軽く混ぜるのもポイント。しっかり混ぜると野菜から水分が出てしまうそうです。
また、焼くときには、餃子の上から水をかけたらふたをして、そのまま5分ほど蒸し焼きにしています。水分がなくなるまでふたをとらないのが、基本のレシピとの違いです。

その他、「肉に対して野菜の分量が多い」「白菜を下茹でしてしっかり水を切っている」など、いろいろなところで違いがありますね。


一口に餃子と言っても、店ごとにこだわりはさまざま。つくり方や具材の違いによって、味わいにも多彩な変化が生まれます。
次回からは、そんな奥深い餃子づくりを工程ごとに分解し、こだわりポイントを詳しくご紹介していきます。あなただけのとっておき餃子を、一緒に探求してみませんか?

〈知ってる?スパイスとハーブのこと〉
お読みいただきありがとうございました。
「スキ!」をしていただくと、スパイスやハーブの豆知識が表示されるようになりました。気に入っていただけたら、「スキ!」をお願いします。

◎エスビー食品レシピサイト:

◎エスビー食品公式facebook:
スパイス&ハーブを中心とした各種情報をお届けしています。

◎エスビー食品公式twitter:
レシピ、商品情報、イベント・キャンペーン情報などをつぶやいています。

https://twitter.com/sbfoods_jp


百里香とも呼ばれ、百里離れていても香るほど、香りが強い。
16
スパイス&ハーブのエスビー食品が、「無理せず、いっしょに。」をテーマに更新するアカウントです。まずは簡単に作れるアイデアで、たのしく料理に向き合い、負担を減らせるようなレシピ情報を発信します。公式HPはこちら https://www.sbfoods.co.jp/

こちらでもピックアップされています

今だからできる#本気の○○
今だからできる#本気の○○
  • 6本

在宅時間が増えた今だからこそつくりたい、普段よりも少し凝ったレシピをご紹介。じっくりと腰を据えて料理に取り組み、おいしく味わう。そんな充実したおうち時間を過ごすお手伝いができればと思います。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。