見出し画像

丸ごと買っても安心。 [10分でキャベツ使い切り!]

こんにちは、エスビー食品です。
本日の今日の#無理しないご飯でご紹介するのは、冷蔵庫の中で余らせてしまいがちなキャベツを一気に美味しく消費できる「キャベツ使い切り!10分レシピ」です。
(本日公開の他の記事 → #健康な食卓を考える

冷蔵庫の余り食材の定番ともいえるキャベツ。丸ごと一玉を購入したはいいものの、結局使い切れずに余らせてしまった…という経験をしたことのある方も多いのではないでしょうか。
使い方がマンネリ化してしまいがちなキャベツですが、メインのおかずやおつまみなど、自在に変化する使い回し万能な食材なんです。

また、ここ数ヶ月、自宅で過ごす時間が増えたことで食費がアップしたというお声もよく耳にします。
そんな時にも役立つのが、リーズナブルでアレンジ多彩な「キャベツ」。ささっと短時間で完成するレシピで、超優秀食材であるキャベツを丸ごと大活用していきましょう!

中華だしペーストで作る 野菜炒め

野菜炒め

(調理時間:10分)
マンネリ化しがちな野菜炒めも、「中華だしペースト」1本で簡単にお店の味に。鶏がらと豚の旨味をベースに、香味野菜の甘みと香味油の風味が食欲を加速します。
冷蔵庫にある他の野菜を入れても美味しいですし、市販のカット野菜を使えばさらに時短に。

【このレシピで使う主な材料】
豚バラ肉、キャベツ、もやし、にんじん + 万能中華だしペースト

↓詳しいレシピはこちら!


ビネガー風味のペッパーキャベツ

ビネガー

(調理時間:10分)
生のキャベツのシャキシャキとした食感を楽しめるお手軽レシピです。
箸休めや、もう一品ほしい時、おつまみにも!塩を使用していない分、仕上げのブラックペッパーはたっぷり散らしてください。食感や見た目が良い、あらびきを使うのがオススメ。大人の味に仕上がります。

【このレシピで使う主な材料】
キャベツ + 白ワインビネガー、ブラックペッパー(あらびき)

↓詳しいレシピはこちら!


アンチョビキャベツ

アンチョビ

(調理時間:5分)
炒めたキャベツにシーズニングを和えるだけで完成!
アンチョビに、ガーリックの旨みと赤唐辛子の辛さがアクセントになって、食欲が落ちてしまいがちな夏にも食べやすいメニューです。コク深い味わいに、箸が止まりません!電子レンジを使えば、さらに時短でおいしく作ることができます。

【このレシピで使う主な材料】
キャベツ + SPICE&HERBシーズニング アンチョビキャベツ

↓詳しいレシピはこちら!


キャベツとベーコンのミルフィーユ

ミルフィーユ

(調理時間:10分)
キャベツとベーコンの重なりが、見た目にも華やかなご馳走メニュー。ベーコンの旨みとオイスターソースのコクが、深みのある味わいを生み出します。電子レンジでも作れます。

【このレシピで使う主な材料】
キャベツ、ベーコン + オイスターソース

↓詳しいレシピはこちら!


マジックソルトとカレー粉で作るキャベツと肉の炒め物

カレー粉

(調理時間:10分)
食欲をそそる、カレー粉とマジックソルトの合わせ技。シンプルなレシピながら、このメニューのためにキャベツを買いたくなる美味しさです。
奥深い味わいのマジックソルトは2回に分けて加え、肉にしっかりと味付けすることで、まとまりが出ます。

【このレシピで使う主な材料】
豚こま切れ肉、キャベツ + カレー粉、マジックソルト

↓詳しいレシピはこちら!



暑い日は、火を使うキッチンに立つのはとにかく億劫。今回ご紹介したレシピなら調理時間も短縮でき、その上食材を無駄なく使えます。
キャベツが冷蔵庫に堂々と鎮座していることで、「どう使おう…」と悩む必要はもうありません!

次回も、皆さんの食生活を、無理せず楽しめるレシピをご紹介していきます。どうぞお楽しみに!

〈知ってる?スパイスとハーブのこと〉
お読みいただきありがとうございました。
「スキ!」をしていただくと、スパイスやハーブの豆知識が表示されるようになりました。気に入っていただけたら、「スキ!」をお願いします。

◎エスビー食品レシピサイト:

◎エスビー食品公式facebook:
スパイス&ハーブを中心とした各種情報をお届けしています。

◎エスビー食品公式twitter:
レシピ、商品情報、イベント・キャンペーン情報などをつぶやいています。

https://twitter.com/sbfoods_jp

この記事が参加している募集

おうち時間を工夫で楽しく

いま私にできること

with リクルート

種子はコリアンダーシードと呼ばれカレーに欠かせないスパイス。
58
スパイス&ハーブのエスビー食品が「無理せず、いっしょに。」をテーマに更新するアカウントです。まずは簡単に作れるアイデアで、たのしく料理に向き合い、負担を減らせるようなレシピ情報を発信します。【公式HP】https://www.sbfoods.co.jp/