#今こそ父の味を

12
炒飯に飽きたら、「ナシゴレンジャー」を呼べばいいんじゃない?【父の炒飯変身大作戦】

炒飯に飽きたら、「ナシゴレンジャー」を呼べばいいんじゃない?【父の炒飯変身大作戦】

「えー、またチャーハン??飽きちゃったよ…」 こんなことを言われたことはありませんか? せっかく作った自慢のチャーハンにこんなことを言われるととてもショックですが、同じメニューが続けば、そう思ってしまう家族の気持ちも十分わかります。 でも、お昼にパパっと作れる他のレパートリーもなく、一体どうしたらいいんでしょうか。困りました…。 ♪(カッコいいBGM)♪ 「そこのお父さん、私たちに任せてくれ!」 誰の声でしょう。あ、あなたたちは!? 「プリプリえびは正義! ナシゴレ

58
天下人の好物を食卓に。父の「戦国活力めし」

天下人の好物を食卓に。父の「戦国活力めし」

今、社内でちょっとしたブームなのが、今年の国民的ドラマのテーマにもなっている「戦国時代」。 色鮮やかな衣装などが話題になっていますが、気になるのは、「どんな食事をしていたのか?」ということ。 「腹が減っては戦ができぬ!」というフレーズを今でも使いますが、命懸けの戦を行っていた当時の人たちにとって、食事は生き抜くための大事な要素であり、歴史に名を遺した有名武将の中には、食事にとても気を遣っていた人物もいたそうです。 例えば伊達政宗。 有名武将の彼は、自ら料理づくりもしていたと

24