#今こそ父の味を

12
続・父、肉を焼く。[完全無欠ローストビーフ]

続・父、肉を焼く。[完全無欠ローストビーフ]

「肉を焼くだけなら料理ビギナーの自分でもつくれるのでは?」という思い付きから始まった「父、肉を焼く。」の成功を受けて、我が家では「がっつり系肉料理はお父さんの担当!」という暗黙のルールが確立。 そして今回、「お父さん、アレ食べたい!」と課されたお題は「ローストビーフ」。 ローストビーフ?…ふむふむ。ステーキよりもちょっと手がかかりそうだけど、これをつくれたらいよいよ肉料理名人の称号も得たようなもの。 案ずるよりも生むがやすしの精神で挑むのみ。さあ、気合を入れてつくってい

スキ
57
あっと驚く、父の「イメチェンうどん」

あっと驚く、父の「イメチェンうどん」

麺をゆでて、つゆをかけて、薬味を散らす。簡単だからこそ誰でもそれなりにつくれてしまう、お昼の定番メニュー「うどん」。しかし、シンプルがゆえにどうしても避けられないのが、味と見た目の“マンネリ化”……。 もちろん、天ぷらやお揚げ、わかめなどのトッピングで多少の変化は出せるのですが、それはあくまで完成後の話。うどん料理そのもののバリエーションとは言い難いものです……。 できあがったうどんを黙々とすする家族の面々から、「(やっぱりトッピングを変えるくらいが限界だよね…)」なんて

スキ
76
父、お好み焼き奉行になる。[ホットプレートで、関西の父の味]

父、お好み焼き奉行になる。[ホットプレートで、関西の父の味]

今年の春夏の巣ごもり需要で大きく売り上げを伸ばした家電があるのをご存知でしょうか? それは、ホットプレートです。 ホットプレートを囲んだ家族団らんの時間は、普段の食卓とは、一味違った特別感がありますよね。 そんなホットプレート料理の定番といえば…… そう、お好み焼きですね! お好み焼きをはじめ、たこ焼き、うどんなどの「粉もん文化」の関西では、普段はキッチンに立たないお父さんが、鍋奉行ならぬ“お好み焼き奉行”となって、腕を振るうことが多いよう。 関西圏以外にお住まいの

スキ
44
天下人の好物を食卓に。父の「戦国活力めし」

天下人の好物を食卓に。父の「戦国活力めし」

今、社内でちょっとしたブームなのが、今年の国民的ドラマのテーマにもなっている「戦国時代」。 色鮮やかな衣装などが話題になっていますが、気になるのは、「どんな食事をしていたのか?」ということ。 「腹が減っては戦ができぬ!」というフレーズを今でも使いますが、命懸けの戦を行っていた当時の人たちにとって、食事は生き抜くための大事な要素であり、歴史に名を遺した有名武将の中には、食事にとても気を遣っていた人物もいたそうです。 例えば伊達政宗。 有名武将の彼は、自ら料理づくりもしていたと

スキ
24
父、肉を焼く。[美味しく焼く秘訣!]

父、肉を焼く。[美味しく焼く秘訣!]

こんにちは、エスビー食品です。 今、何も気にせずに外食に行けるとしたら、何を食べたいですか? 私たちエスビー食品の社員の間でも、そんな話を振れば「ステーキだ」「焼肉だ」と大盛り上がり。やはり男は肉発言が多く目立ちます。 ただ、ふと気付いたのです。ご馳走とはいえ、ステーキも焼肉も「肉を焼く」というシンプルな調理法。 たとえ料理経験が少ないお父さんだとしても、いけるんじゃないか…? 居ても立ってもいられず、今回の「#今こそ父の味を」では、初心者でも失敗しない簡単で美味しいステ

スキ
158
作ったソースを和えるだけ。 [父が振る舞う簡単本格パスタ]

作ったソースを和えるだけ。 [父が振る舞う簡単本格パスタ]

こんにちは、エスビー食品です。 本日の「#今こそ父の味を」でご紹介するレシピは、台所に立つ機会が増えてきた今こそ挑戦したい、「作ったソースを和えるだけ!父が振る舞う簡単本格パスタ」です。 (本日公開の他の記事 →「今だからできる#本気の〇〇」) 子どもも大人も(きっと皆さんの奥様も!)大好きな、一皿料理の代表格「パスタ料理」。 にんにくのうま味を最大限に引き出したシンプルなペペロンチーノもおすすめですし、育ち盛りのお子さんには、カルシウムが摂れるチーズたっぷりのパスタもいい

スキ
61
子供の喜ぶ顔が見たい。 [父が作るとっておき艦めしカレー]

子供の喜ぶ顔が見たい。 [父が作るとっておき艦めしカレー]

こんにちは、エスビー食品です。 本日の「#今こそ父の味を」でご紹介するレシピは、我が家のレパートリーに加えたい「父が作るとっておき艦めしカレー」です。 お父さんが作る料理、第1位!といったイメージのカレーですが、せっかく作るのなら、家族が驚くような美味しいカレーを振る舞いたいですよね。そこで、今回は家族みんなに喜ばれちゃう「艦めし(かんめし)カレー」の再現レシピをご紹介します。 (本日公開の他の記事 → 「今だからできる#本気の○○」) お父さんが真っ先に思い浮かぶレシピと

スキ
18
初めての父の味には、炒め物が間違いない!

初めての父の味には、炒め物が間違いない!

今日ご紹介するレシピは、初めて料理にチャレンジするお父さんの頼もしい味方、失敗知らずの「炒め物」です。このマガジンでは、最近料理に挑戦し始めたお父さんを応援するレシピやノウハウをお伝えしていきます。 ■本日のご紹介「炒め物」 今回は、家族から「パパの炒め物が食べたい!」とラブコールされるような炒め物料理「野菜炒め」「焼きそば」「チャーハン」をご紹介します。材料の何かが足りなくても代用することで新しい味の発見もあるかもしれません。 父の味「カレー醤油の肉野菜炒め」 1品

スキ
37