エスビー食品

スパイス&ハーブのエスビー食品が「つくるよろこびを、いっしょに。」をテーマに、幅広いレ…

エスビー食品

スパイス&ハーブのエスビー食品が「つくるよろこびを、いっしょに。」をテーマに、幅広いレシピ記事や多彩なテーマと絡めた読み物としても楽しい記事を発信。みなさまの暮らしにささやかな刺激をお届けします。【公式HP】https://www.sbfoods.co.jp/

リンク

マガジン

  • #旬とスパイス

    noteクリエイターであり料理家の今井真実さんとお届けする「#旬とスパイス」。 スパイスやハーブをかけ合わせて、旬の食材を満喫できるレシピをご紹介します。

  • #うちのエスビー

    S&B愛を感じた皆さまの投稿を不定期にピックアップ。

  • #作って旅する世界のレシピ

    海外で過ごせない今だから、海外とつながる体験を届けたい。そんな想いから、JTBさんとコラボして、海外の友人から現地の家庭料理を習う。そんな気分になれる「旅と食のマガジン」を作りました。

  • #健康な食卓を考える

    減塩や、体づくりレシピ、機能性表示食品の紹介等、スパイス&ハーブによって手軽に美味しさと健康を両立させ、ちょっとワクワクするレシピをご紹介します。

  • #我が家の秘伝レシピ

    noteお題企画「#我が家の秘伝レシピ」の応募作品を不定期にピックアップ。 家庭の数だけあるレシピとそこに秘めた想いを今こそ言葉に! 共感を呼ぶ作品にはAmazonギフトカードプレゼント。 応募詳細はこちら。https://note.com/info/n/nee133eb8746f

最近の記事

  • 固定された記事

「スパイスは主役じゃなくたっていいんです」ゼロワンカレーA.o.D店主・立田侑志さん―スパイスを語る

東京・三田にお店を構える南インド料理店『ゼロワンカレーA.o.D』。看板メニューである「ミールス」は、南インドで“定食スタイルのプレート”を意味し、ライス、カレー、汁物、副菜などを自分好みに混ぜて、味の変化を楽しむ料理です。 今回は、店主の立田侑志さんに、スパイスとの出会い、南インドを旅して学んだこと、そして「ヒントは“スパイス以外”にあった」という独自の料理哲学について、たっぷり語っていただきました。 「スパイス」と「うま味」のバランス問題──まず、立田さんがスパイスに興

    • もう味付けで悩まない!子どもも大人も一緒に楽しむキャンプ飯

      こんにちは! エスビー食品です。気候も穏やかで過ごしやすいこれからの季節は、春キャンプを楽しむのに絶好のシーズンですよね。 気持ちの良い晴れ空の下で、お子さんと一緒にキャンプ飯づくりを楽しみませんか? 今回はこの春エスビー食品から発売された「スティックスパイス」シリーズと「辛くないカレー粉スティック」を使ってクッキング。各種スパイス&ハーブとカレー粉が、1回使い切りサイズの個包装になっているので、アウトドアにとっても便利なんです。今日は子どもが大好きなカレー味の一品と、りん

      • 「カブとパクチーの瞬間ソテー レモンバターソース」まるでレストラン! カブの新しい魅力に出会えます。 #旬とスパイス

        だんだん冬の寒さも和らぎ、暖かな日差しにふと体の緊張が解けるようになりました。春がやってくると、とたんに香りの強いもの、緑の美しい食材に目を奪われます。 パクチーも実は今が旬のハーブ。最もおいしく食べられる時期です。独特な香りが体をシャキッとさせるようで、下ごしらえをしているからワクワクしてしまいます。今回はアジアンテイストではない、パクチーの効果的な使い方を紹介します。 そして同じくカブも、今が旬のお野菜です。きめ細かくしっとりとした歯触りのカブは、静かに煮ても生で食べ

      • 【おうちご飯】シチューとホットサラダ

        涼しい日が増えてきましたね。 夫のリクエストでシチューにしました。 じゃがいもと人参はレンチン5分。 鶏もも肉と玉ねぎ、冷凍ブロッコリー。 S&B「とろけるシチュー」のパッケージレシピ通りに2皿分で作りました。 水250ml、ルー2かけ、牛乳50ml。 保育園ではS&B「シチューの王子さま」顆粒を使っています。 もしルー不使用で小麦・乳アレルギー対応するなら、米粉・豆乳で作ります。 副菜は小松菜としめじのホットサラダ。 レンチン2分、オリーブオイル、酢、塩コショウ。 副

      • 固定された記事

      「スパイスは主役じゃなくたっていいんです」ゼロワンカレーA.o.D店主・立田侑志さん―スパイスを語る

      マガジン

      • #旬とスパイス
        29本
      • #うちのエスビー
        90本
      • #作って旅する世界のレシピ
        10本
      • #健康な食卓を考える
        15本
      • #我が家の秘伝レシピ
        34本
      • 今だからできる#本気の○○
        9本

      記事

      • 究極にうまいカレーをつくろうと

        YouTubeをうろうろとしてみた。 ゴールデンカレーで検索するとエスビー食品の公式サイトでいっちばんうまいゴールデンカレーの作り方動画を発見。 その答えは。 →パッケージ裏面の説明書とおりに作ってください、と。 なるほど、肉も野菜も茹でる前に油で炒める、水は計量する、しっかり煮込んで灰汁をとる、ルーを時間をかけてとかす、また煮込む。という段取り。←みんな野菜は炒めないし、水は目分量。 チョコやハチミツなどをオリジナリティーを発揮してトッピングするのは御法度。←とは書い

        一杯のコーヒーで行ける昭和の博物館。難波里奈さんに聞く、純喫茶の楽しみ方

        その熱がとどまる所を知らないレトロブーム。SNSなどでも大正ロマン・昭和レトロ・平成レトロ……などさまざまな時代のカルチャーを楽しむ人が多く見られます。中でも、古き良き時代の香りを実際に体感できる「喫茶店」は、レトロブームを牽引する存在ともいえるでしょう。 今回は、東京喫茶店研究所2代目所長として喫茶店をこよなく愛する難波里奈さんに特別インタビュー。喫茶店の魅力や楽しみ方、喫茶店ならではの軽食メニューなどについて語っていただきました。 喫茶店は周りを気にせずくつろげる、“

        一杯のコーヒーで行ける昭和の博物館。難波里奈さんに聞く、純喫茶の楽しみ方

        チョコとスパイス&ハーブの驚きのマリアージュ。ペパーミントとシナモン香るトリュフ

        こんにちは! エスビー食品です。2月のバレンタインシーズンは、スーパーや百貨店できらびやかなチョコレートがたくさん並んでいて、思わず目が奪われてしまいますよね。プロが作った市販のチョコもいいけれど、心を込めた手作りチョコにチャレンジしてみるのもバレンタインの醍醐味です。 今回は手作り派の皆さんに向けて、スパイス&ハーブを使ったチョコレシピをご紹介。今回のレシピは、かわいい飾り付けと断面の色合いが美しい「チョコミントトリュフ」、王道のトリュフにスパイシーなシナモンが加わった「

        チョコとスパイス&ハーブの驚きのマリアージュ。ペパーミントとシナモン香るトリュフ

        優しい甘さに笑顔がこぼれる。秋田名物「バター餅」

        あっという間の年末年始から一変、家事に仕事に、忙しない日常が戻ってきました。いつもの生活リズムにやっと体が慣れてきた頃かと思いますが、年が明けてから一層寒さが厳しくなってきているので皆さん体調に気をつけてお過ごしくださいね。 そんな今の時期、毎年気になるのが余ったお餅の活用方法。食べきれずに保存していたお餅がふと目に入り、「今年はどうアレンジしようか」と頭を悩ます人も少なくないはずです。 「お雑煮や焼き餅、あんこ餅など、あらゆる食べ方はもう試した!」 「残ったお餅、どうし

        優しい甘さに笑顔がこぼれる。秋田名物「バター餅」

      • スパイスたち

        どこのスーパーでも売っている S&Bのスパイスたち。 これらはすべて夫のコレクション。 コロナで在宅勤務が増え、 食べる専門家だった夫が 料理を作るようになった。 怪我の功名というヤツですね。 夫はスパイスカレーが大の好物。 ブームということもあるけれど、 それ以前から食べ歩いていた。 とにかくカレー全般が好き。 インスタ投稿もカレー記事が多い。  ビリヤニが、とか ミールスが、とか ダルカレー、アチャール 専門用語みたいなワードが並ぶ。 スパイスカレーの本場大阪に

      • コイツと出会って世界が変わったんだ。カレー界が震え上がる。S&B 濃厚好きのごちそう 120時間熟成デミグラスの牛ほぐし肉カレー 中辛 のレビュー

        S&B 濃厚好きのごちそう 120時間熟成デミグラスの牛ほぐし肉カレー 中辛 のレビューです。 ①購入動機かなりの数を試して行き着いた、ここ数年のマイクリティカルヒットカレー。 また、スーパーでの取り扱いも多いので付近でも購入が容易である。 ②こだわりポイントレトルトカレーに求めるのは、味と調理の簡単さです。 レトルトでもコクは欲しい、奥深さも諦めてはいけない。 そして湯煎よりもレンジ調理が好ましいです。 ③比較した商品S&B 濃厚好きのごちそう パルミジャーノとチェダ

        コイツと出会って世界が変わったんだ。カレー界が震え上がる。S&B 濃厚好きのごちそう 120時間熟成デミグラスの牛ほぐし肉カレー 中辛 のレビュー

        海外では新年をどう過ごしている? 世界の台所探検家・岡根谷さんが見てきた「世界のお正月」

        謹んで新年のご挨拶を申し上げます。エスビー食品です。 お正月休み、皆さんはどんな風に過ごしていますか? いつもはなかなか会えない家族と集まっておせちを囲んだり、地元でおなじみの神社へ初詣に行ったり……三が日特有のゆったりと過ぎる時間に身を委ねて、おうちでお餅やみかんを楽しむのもいいですよね。思ってみたら、お正月は一年の中でももっとも日本らしさを感じられるイベントなのかもしれません。 では、他の国々ではどんな風にお正月を過ごしているのでしょう。 日本のおせちのような正月料理

        海外では新年をどう過ごしている? 世界の台所探検家・岡根谷さんが見てきた「世界のお正月」

        大切な人と一緒に食べたい。心も体も温まる贅沢ビーフシチュー

        こんにちは! エスビー食品です。12月も残すところあと少し。寒さもどんどん本格的になってきましたが、皆さんいかがお過ごしですか? 大切な家族や友人たちと集まるホリデーシーズンは、いつもよりちょっと特別な料理にチャレンジしてみたくなるものです。そんな願いにぴったりなメニューと言えば、やはりビーフシチューではないでしょうか? 柔らかい牛肉がごろっと入っているビーフシチューは、寒い冬にポカポカと身体も心も温めてくれる、うれしいごちそうですよね。 でも、良いお肉を使うからには、何

        大切な人と一緒に食べたい。心も体も温まる贅沢ビーフシチュー

        今年のクリスマスは家族みんなで北欧のごちそうをつくろう。ハーブ香るデンマーク料理「フレスケスタイ」

        こんにちは!エスビー食品です。2023年もあっという間に過ぎていき、もうすぐクリスマスですね。クリスマスツリーやイルミネーションなど、街並みがクリスマス一色に染まりキラキラと輝くこの季節は、いくつになってもわくわくするものです。今年はどんなふうに過ごそうか、ごちそうやプレゼントに想いを馳せている方も多いのでは? さて、クリスマスといえばサンタさん。サンタさんが北欧出身というのは有名ですよね。でも、そんなサンタさんの故郷・北欧では、クリスマスを一般的に「ユール」と呼ぶことはご

        今年のクリスマスは家族みんなで北欧のごちそうをつくろう。ハーブ香るデンマーク料理「フレスケスタイ」

        「塩ブリとみかんのサラダ」ほんの少しのピンクペッパーが食卓をぱっと華やかに #旬とスパイス

        今年も早いもので12月。毎朝、ブランケットから抜け出すのは一仕事ですが、年末年始の華やかなムードは気分が盛り上がりますね。 今年は集まって乾杯する機会も増えるかもしれません。そんな時に、さっと作れる前菜とサラダのようなお料理を紹介します。 今回使うスパイスは「ピンクペッパー」。私はこのピンクペッパーが大好き。ペッパーという名前がついていますが、辛味はなく独特の風味があります。ほんの少し甘いような香りにぷちんとした食感。そして鮮やかな色。ここぞという時に料理に使うと、ぱっと

        「塩ブリとみかんのサラダ」ほんの少しのピンクペッパーが食卓をぱっと華やかに #旬とスパイス

        「スパイス料理の初心者にとって、入り口のレシピになれたらうれしい」夫婦料理ユニット・ぐっち夫婦—スパイスを語る

        「日々の暮らしを楽しく美味しく。ちょっとおしゃれに」をテーマに、おいしくて誰でも簡単に作れるお手軽レシピを発信するぐっち夫婦。多彩なレシピを生み出すお二人にとって、スパイスとハーブは相棒のような存在だと言います。 今回はスパイス料理のインスピレーションの源や、日々の料理に取り入れるコツ、エスビー食品noteのコンセプトである「つくるよろこびを、いっしょに。」への考えなどを教えてもらいました。 生活に寄り添い、皆さんの食卓を彩るレシピを届けたい。——これまでに数々のレシピを

        「スパイス料理の初心者にとって、入り口のレシピになれたらうれしい」夫婦料理ユニット・ぐっち夫婦—スパイスを語る

        次に来るクラフト食材!? スパイスで自由自在のアレンジが楽しい手作りクラフトバター

        作り手のこだわりを存分に活かして少量生産されるクラフト食材。ビールやコーラ、チョコレートなどの他にも、「クラフトバター」があるのはご存じでしょうか? 「バターって、家で作れるの!?」 と思う方もいるかもしれませんが、実は家庭にあるもので気軽に手作りできるんです。今回は、食卓に楽しさとおいしさをお届けするクラフトバターのレシピを、ケーキデザイナーで芸術教育士の太田さちかさんに紹介してもらいました。 クラフトバターってどうやって作るの?こんにちは、太田さちかです。ケーキデザイ

        次に来るクラフト食材!? スパイスで自由自在のアレンジが楽しい手作りクラフトバター